上まぶたのたるみ取りは自力でできます!?

この記事は約5分で読めます。

【PR】

  • 上まぶたがたるんできて、悩んでいる。
  • 自力でまぶたの改善する方法があったら、教えて欲しい。
  • 美容整形するのは怖いし、あまりお金をかけたくない。

こんな悩みや願いがある人は多いのではないですか?
まぶたは、たるんでくるだけで目の印象が全然違うからです。

上まぶたのたるみは、そのまま放置すると、加齢などによりどんどん悪化していくのが普通です。

でも、あることをすれば、「まぶたのたるみ取りが自力でもできるじゃん」となります。

本記事では、簡単なものからちょっとお金が掛かるものまで、上まぶたのたるみ取りを自力でできる方法を教えます!!

上まぶたのたるみ取りを自力でできるストレッチは?

上まぶたのたるみ取りを自力でやるには、ストレッチが手軽です。代表的なものを紹介しましょう。

眼輪筋をストレッチで鍛えます。
やってみると、上まぶたのたるみが引き締まった感じになります。血流も改善されて、むくみが取れやすくなり、目の下のクマも解消されることがあるため、ぜひ試してみてください。

眉毛の上下運動

やり方は簡単。眉を上下に動かするだけです。

  1. まず、まぶたを閉じます。
  2. 眉毛をゆっくり時間をかけて上げます。
  3. 眉毛が上がったら、3秒キープです。
  4. 眉毛の位置をゆっくり戻します。
  5. 5回繰り返します。

ウインクによるストレッチ

次は左右の目をウインクして、眼輪筋を鍛えます。

  1. 両目を大きく見開きます。
  2. 左目は固定して、右目だけゆっくり閉じます。
  3. 右目を閉じたら3秒キープします。
  4. 元に戻します。
  5. また、両目を大きく見開きます。
  6. 右目を固定して、左目だけをゆっくり閉じます。
  7. 3秒キープします。
  8. また最初に戻ります。最低でも5回繰り返します。

目を開くときは、おでこにシワを寄らないようにするのがコツです。

表情筋を動かすストレッチ

顔の表情筋を動かしてまぶたのたるみを改善するストレッチです。

  1. 眉毛を上げるのを意識して目を大きく開きながら、大きく息を吸い込みます。3秒数えると良いでしょう。
  2. 眉の位置が上がった状態で、まぶたをゆっくり閉じます。
  3. 閉じたら、5秒息を止めます。
  4. 息を吐きながら、眉の位置をホームポジションに戻します。

上まぶたのたるみ取りを自力でできるアイマッサージは?

上まぶたのたるみ取りを自力でやる場合、アイマッサージも効果的です。ストレッチと一緒にやると良いでしょう。
力を入れ過ぎると、色素沈着の原因となりますので、マッサージするときは、優しく行ってください。

眼輪筋下部のマッサージ

  1. 目尻のちょっと下に、中指と薬指2本あてます。左右の目同時に行ってください。
  2. 小さく円を描くように、1分間ほぐします。

目の周りのアイマッサージ

  1. 目頭から目尻に向かって指先を滑らせ、目の下をマッサージします。5回行います。力を入れちゃダメですよ。
  2. 指先を使って、目尻からこめかみに向かって螺旋を描くようにマッサージします。5回。
  3. 目頭の下を軽く押さえます。そして眉の下を通って目の周りをぐるっと回って、こめかみを押します。5回。

上まぶたのたるみ取りを自力でできる!?そんな美容液は?

上まぶたのたるみ取りを自力ケアできる方法として美容液やクリームを使うのが手っ取り早いです。

基本的に、保湿力が高くハリアップが期待できる美容液やクリームを使えば良いですが、実は物理的被膜効果が期待できる速効性のある化粧品があります。

リッドキララです。
カラスムギ穀粒エキスとタイトペプチド-2の2大成分配合で、まぶたを速効※1でパッチリさせ、ハリのあるまぶたへ導く優れもの。
※1 物理的被膜効果

1日2回塗るだけ。
東京証券取引所上場(プライム)企業が開発・販売しており、モンドセレクション銀賞2度も受賞。

検討する価値もあります。

\予約中、お早めに!!/

上まぶたのたるみ取りを自力でできる美容液やクリームについては、次の記事を参照してくださいね。

上まぶたのたるみの原因は?

上まぶたのたるみ取りを自力でできる方法について、紹介してきましたが、そもそも原因は何でしょうか? 原因を知れば、予防もできます。ぜひチェックしてください。

加齢による上まぶたのたるみ

まぶたが若くてダメージがないと、エラスチンの肌のハリや弾力で引き締めネットが張った状態になります。
だからパッチした目元をキープできていました。

しかし、年齢を重ねると、ダメージが蓄積されてエラスチンがへなってきて、引き締め力が弱くなります。同時にお肌の弾力に影響を与えるコラーゲンも減ってきて、まぶたが少しずつ垂れ下がってくるのです。

さらに眼輪筋も衰え、まぶたを持ち上げる力も弱くなります。

化粧による上まぶたのたるみ

二重のりやアイメイクや、洗顔などでお肌や眼輪筋がダメージを受けると、まぶたがたるんできます。特にダメージケアをしっかりやってこなかった人は、要注意です。

生活習慣による上まぶたのたるみ

PCやスマホの使い過ぎや、煙草、コンタクトレンズなども上まぶたのたるみの原因となります。
血流が悪くなって、まぶたにダメージが蓄積されハリを失ったり、眼輪筋や表情筋も衰えてきて、まぶたが下がってきます。

まとめ|上まぶたのたるみ取りケアを自力でできるか?

上まぶたのたるみ取りを自力でやる方法は、以下の3つです。

  • まぶたのストレッチ
  • アイマッサージ
  • 美容液によるケア

上まぶたのたるみ取りは、美容整形がもっとも速効性がありますが、まずは本記事紹介した簡単にできるものから始めることをおすすめします。

きっと想像以上に効果があると思いますよ。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました